JAPAN MENSAの試験に合格した件について

趣味

こんにちは、Workaholicです。

この度MENSAの試験に合格をしましたので、受験~合格までの経緯や、
鬼門と言われる申し込み登録の方法について解説をしたいと思います。
※このブログを見ている人はMENSAについて既に知っている方が多いと思いますのであえて解説はしません。知らない方は公式HPやwikiを参照のこと

・「JAPAN MENSA公式 ~メンサとは~」
https://mensa.jp/about.html
・「Wikipedia ~メンサ~」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%B5

受験の経緯

漠然と自分のIQっていくらなんだろう?と思ったのが始まりです。
IQを図ってみたいがwaisなど専門的な調査方法だと時間とお金(2~3万)が掛かる。
かといってインターネットで受けられるテストは信憑性に欠けるのでなんの証明にもならない
そんなIQについて調べる中でMENSAという団体を知りました。

MENSAの入会は上位 2 %の IQ (知能指数) を示せれば入会が出来ます。
つまりは入会すればIQ130(sd15)以上の証明が出来るわけです。

MENSA自体のテストを受けるにもそれなりのお金はかかりますが正式な証明を貰えるという点、
また高IQ者同士での会話の場が提供されるメリットを踏まえ受験をすることを決めました。

受験申込

受験登録は鬼門で、試験より難しいと言われるくらいの難易度と言われています。

・何日、何時に申し込みが始まるか分からない
・申し込みの枠が少なく1時間未満で埋まってしまう(もっと早いとの噂)

この点を踏まえ「なんとなく気が付いたついたときに見る」では無理と判断しました。
つまりは自動的にWebページに更新があれば通知があるような仕組みを導入する必要性があります。
そのため私は以下のような仕組みを構築しました。

①Linuxサーバから5分に1回MENSAの登録ページの更新を確認
②もし更新があった場合には自分のスマホにLINE経由で通知を行う

LinuxからLINEを飛ばすにはトークン取得が必要です。
以下のWebページが参考になります。

・Linuxコマンドで超簡単にLINEにメッセージを送る方法
https://tech-drive.net/raspi/2018071101/

・Linuxのインストールはこちらを参考に
https://www.workaholic-blog.com/index.php/2021/09/22/019/


Linuxサーバには以下のようなshellスクリプトをバックググラウンドで起動しておきます。

#!/bin/bash

# ページの最初の内容を取得
curl -o mensa_b.html https://mensa.jp/exam/
cat mensa.html | grep "東京都" > mensa.html
previous_hash=$(sha256sum mensa.html | cut -d ' ' -f 1)

while true; do
    # 300秒ごとにページの内容を取得
    curl -o mensa_new_b.html https://mensa.jp/exam/
    cat mensa_new_b.html | grep "東京都" > mensa_new.html
    current_hash=$(sha256sum mensa_new.html | cut -d ' ' -f 1)

    # 前回のハッシュと異なる場合に通知を送信
    if [ "$current_hash" != "$previous_hash" ]; then
        curl -X POST -H 'Authorization: Bearer <自分のトークン>' -F 'message=WEBページが 更新されました。' https://notify-api.line.me/api/notify
        # 新しいハッシュを前回のハッシュとして保存
        mv mensa_new.html mensa.html
        previous_hash="$current_hash"
    fi

    sleep 300
done

※注意点
・このコードは東京都の更新があった場合を対象として絞っています。必要に応じて都道府県を変更してください
・サンプルコードではページの更新頻度を300秒にしていますが短時間にしないようにしてください(高頻度で更新するとMENSAのサーバに負荷をかける事になります。)

もう一つ受験申し込みをするにあたり大事な点として”写真”を準備することです。
申し込みをする際に必要になりますので、せっかく申し込みページにたどり着いても写真がなければ申し込めないし、写真を用意している間に満員になる可能性もあります。
写真は事前に用意をしておきましょう。

・証明書入会申請
https://mensa.jp/certify/
※証明書による入会申請のページですが用意する写真は同じです。

受験前準備

受験前に準備しておくことについてですが、受験内容について話すことは禁止されていますので何をやれば試験の対策になるかを話すことはできません。(そもそも対策をするテストではないので)
ただ参考にならないとはいえIQテストで頭の体操をするのは悪くないかもしれませんとだけ….
各国のMENSAの参考問題を載せておきます。

デンマークメンサ(MENSA)
https://mensa.dk/iqtest/

ノルウェーメンサ(MENSA)
https://test.mensa.no/

手ごたえ

問題数は伏せておきますが、おそらくで回答した問題が3問、それ以外はロジックが分かって回答できたという感じです。おそらくで回答した3問は「全問題の半分あたりの問題」、「最終問題から3問前」、「最終問題」といった具合です。

合格基準は明らかになっていませんが2~3問ミスまでなら大丈夫と言う噂です。(ただ難しい問題は得点配分が高いかもしれません)

結果

2週間ちょっとで結果が返ってきました。2023年現在結果が返ってくるのは少し早くなったそうです(通常は2~3週間、長いと1ヶ月かかる時もあったとか)手ごたえが微妙な所もあり不安でしたが、結果としては無事合格をすることが出来ました!
単一のテストでのみの判定となりましたが、IQ130(sd15)以上の証明となったかな・・・・?.

(Visited 3,336 times, 5 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました