情報商材屋がノウハウは不必要と言い始めた件について

情報商材

これさえやれば、あなたも一発大富豪!」 かつて、情報商材業界ではこのような魅力的な言葉が踊り、多くの人々が情報商材に夢を追い求めました。何も知らない初心者でも、情報商材の指示通りに行動すれば成功が約束されると購入者達を信じさせてきました。しかし、近年では情報商材屋達は逆にノウハウの重要性を否定を行っています...

情報商材業界は昔からノウハウが成功の鍵であると強調してきました。情報商材を販売する際には専門的なスキルや知識を提供し、これによって成功を約束するという姿勢を取っていました。そして多くの人々はその情報に価値を見出し高額な情報商材に投資を行ってきたわけです。

しかし、最近の情報商材業界のトレンドはむしろ逆方向に進んでいます。ノウハウの重要性に疑問符をつけ、ノウハウを無視し、他の要素(特に努力)に焦点を当てることを奨励しているのです。では、情報商材屋たちはなぜノウハウの重要性を否定し始めたのでしょうか?

1・競争が激化

情報商材業界は競争が激化しており、新たな情報商材が次から次へと登場しています。その結果、同じ分野で何度も同じようなノウハウが提供され市場が飽和状態になってきました。多くの消費者は高額な情報商材を購入しても成功には至らない者が多く出るようになりました。

結果、その対策として情報商材屋達は「ノウハウだけでは成功できない」ことを強調するようになりました。彼らは成功には他の要因も重要だと考え、ノウハウだけでなく、マーケティング、ブランディング、コミュニケーション能力、泥臭い努力(?)等々….様々な行動やスキルの必要性を強調するようになったのです。

2・過剰なノウハウ供給

かつては特定の分野でのノウハウを獲得するためには、多額の費用をかけて書籍やコースを購入する必要がありました。しかし、現在においてはネット上に膨大な情報があり、大半を無料で見ることができます。わざわざ情報商材に頼る必要もありませんし、そもそも見る程の価値がないものもあります。

情報商材屋たちはこの状況を受けて、ノウハウそのものよりも人に価値を提供する方法に焦点を当てるべきだと考えるようになったのです。具体的にノウハウを提供するだけでなく、その情報を実践的に活用するスキルの重要性を強調しているわけです。前項で挙げたように様々な行動やスキルの必要性を価値と提供をしようとしているのです。

最後に

情報商材業界はかつてのノウハウ至上主義から脱却し、ノウハウだけでは成功できないという新しい方向に進化しています。競争の激化、情報のアクセス容易化など、さまざまな要因がこの変化を後押ししています。情報商材屋達は情報を提供するだけでなく、他のスキルや要因も含めた成功の組み合わせを重視する姿勢を取ることで、より現実的に成功できるように仕向けているようです。ただ当然ながらこのアプローチは情報商材側の視点でしかありません。現状、昨今の状況を見る限りノウハウの提供だけでは信じられなくなってきた現状をどうにかするためにノウハウからの脱却の方向性を示しているだけにしか見えません。※私自身は情報商材全般を危険視しています。その対策については以下記事を参考にしてください

(Visited 320 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました