中堅ITエンジニア採用が全然出来ず、未経験者に追い風が吹いている件

Uncategorized

こんにちはWorkaholicです。

今回は最近のITエンジニア採用についてのお話をしようと思います。
現在私は某SIerにてエンジニアですが、採用についても担当をしていますのでその観点で近況を語っていきます。

・ITエンジニア採用が全然追いついてない

前々から述べている事ですがITエンジニアは業界全体的に不足しています。
しかしそれはあくまでも経験者であり初心者ではありません。私の主観が入っていますが少なくとも弊社や業界全体を見渡す限りは以下のような状況です。

初心者は「プログラミングスクールに通っています」とか「独学で学びました」とか「オンラインサロンにいます」程度のエンジニアでかなり溢れかえっているような状況です。この層は供給過多で、逆に中堅からベテランにかけて必要数(赤線)に達していないという状況です。

特に中堅以上でPL/PMの経験がある人材は特に足りておらず、残念ながら案件はあるのに人材がいない為、仕事が受注できないという状況も発生しいます。

この状況を打破するために、弊社でも中途採用は随時行っているのですが全く採用に至りません。
それには具体的に以下のような理由があります。

・会社が欲するスキルを満たしていない

スキルはあるがそれに見合った給与が出せず採用に繋がらない

特に最近では顕著にこの理由により採用活動ができていない状況が発生しています。

そこで会社としては無いものねだりをしてもしょうがないので、以下のような対策を取っています。

・未経験者採用を行う。

・中途採用の採用年収の大幅な引き上げ

ない人材は育成すればよいし、経験がある人には”やりがい”などではなくきちっと報酬だす。
これをしない事にはIT人材不足問題は解決する事が出来ないでしょう。

・でも誰でもいいわけではない

・未経験者

未経験者採用を実施すると言いましたが、やはり誰でも良いわけではありません。
少なくとも「エンジニアって儲かる?何も知らないけど来ました!」やインフルエンサー、スクール信仰型のエンジニアモドキは欲していません。最低限以下のようなポイントが重要です。

①社会人としての基礎を身に付けている。

これは基礎的な報告・連絡・相談が出来る人材です。社会人としての常識が守れていればOKです。
当然のような気がしますが採用段階でこれすらできていない人もいます。

②コミュニケーションが普通に取れる

営業のような高度なコミュニケーション能力は最初から求めません。ただエンジニアは一人で黙々と作業をする仕事ではなくチームで仕事をします。チーム内で連携を取って仕事が出来る人を会社は欲しています。
社会人の基礎と合わせて、前職の仕事っぷりをアピールできれば十分でしょう。

③基礎的なエンジニア知識がある。

知識あるに越した事はありませんが、独学やスクールの知識は業務で必要とするレベルに全然届いていないので、それを「技術があるから即戦力です!」と言うアピールはマイナスですと言っておきます。
あくまでもエンジニアになる為のやる気を示す程度のアピールにしておきましょう。
ポートフォリオは自分で作ったのか怪しいし、口頭のアピールも信頼できないのである程度有名どころの資格をを抑えておく方が下手に独学で自習をするよりアピールになります。

基本情報技術者試験、LinuC L1、CCNA、CLF(AWS)などなど・・・色々調べましょう!

④若さ

学歴は学部卒以外でも専門学校/短大であればOKと採用における基準を下げる会社もありますし、職歴の空白もある程度説明が出来れば(留学してた等)よいのですが、若さだけはどうにもなりません。未経験採用とは言いつつ第二新卒を採用する前提な企業が殆どです。一定のラインが存在するわけではありませんが30歳はある程度の区切りになります。通常の学部卒あれば30歳は8年目選手の中堅層です。長く会社で働いてもらうためには残念ながら若い人優先になります。年齢で落とされない為には前職で培った何か光る経験がない限りは難しいでしょう。

・経験者採用

①PL/PMの経験

エンジニアの求人では良くPL/PMの経験があるか問われます。
採用求人によってアピールする点は異なると思いますが、基本的にどの職種でもPL/PM経験が聞かれることが多いです。特に何名程度のチームビルディングをしていたのかや、仕事の進め方について問われます。
どんな仕事を成し遂げたかや、あなたの仕事のスタイルをアピールできると良いでしょう。

②漫然と仕事をしていたはNG

いくら経験があると言っても、ただ言われたままに仕事をしていてエンジニアとしての仕事の本質を理解していなければ採用は難しいです。面接においても技術的な事を重点に質問をします。重箱の隅をつつくような質問はしませんが、少なくともシステムの全体概要について何を聞かれても答えられる程度の知識はないとNGです。

経験が5年あってもほんと何も知らない方っていますからね・・・

・でも転職者にいい風が吹いているのは本当

誰でもいいというだけではないと言いましたが一昔前に比べればIT業界への新規参入はしやすくなりました。
努力をする方向を間違えずに転職活動を行えばきっと内定を手に入れる事は出来るでしょう。
未経験者だから多少ブラックでもやりがい搾取の会社でもしょうがない・・・というのは勿体ないです。

弊社の採用でも未経験でも3年内に年収500万円は到達できますし、経験者採用でも業界経験5年PL/PMの経験が3年以上であれば6~700万円程度の提示は可能です。

もっといい条件の会社もあると思います。この流れはしばらく続くと思いますのでじっくり考えて転職活動を行って下さい

・最後に

資格についてや、プログラミングスクール不要論についての記事を過去に書いていますので合わせてどうぞ

・資格系LINK

基本情報技術者試験「IPA 独立行政法人 情報処理推進機構」

ホームページURL変更のお知らせ

LinuC「LPI-Japan」

IT資格といえば LinuC(リナック) | Linux技術者認定試験LinuC | LPI-Japan
LinuC(リナック)は、クラウド時代に求められるLinuxを中心としたシステム構築から運用管理に必要なスキルの証明ができる技術者認定試験です。エンジニアにとって意味のあるLinuxの資格として、企業のエンジニア育成などで活用されています。

CCNA「CISCO」

CCNA - Training & Certifications
The CCNA certification validates your skills and knowledge in network fundamentals, network access, IP connectivity, IP services, security fundamentals, and aut...

CLS「AWS Certified Cloud Practitioner」

AWS Certified Cloud Practitioner 認定 | AWS 認定 | AWS
AWS Certified Cloud Practitioner を取得することで、クラウドへの理解と基礎的な AWS の知識が認定されます。この認定の詳細と、試験の準備に役立つ AWS トレーニングと認定リソースをご紹介します。
(Visited 469 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました